6月4日 山家会(さんげえ)

6月4日は天台宗を開いた伝教大師・最澄さまのご命日です。

 

 

 

 

 

 

 

クラス毎に伝教大師さまがどんな方だったのか、「一隅(いちぐう)を照らす」「忘己利他(もうこりた)」など最澄さまが残された言葉はどういうことなのかお話しをききました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年度入園式

午前はやま組といなほ組の、午後はさくら組とそら組の入園式でした。まちにまったこの日、幼稚園生活がスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園長先生のお話

 

 

 

 

 

理事長 孝順先生のお話

 

 

 

 

 

4枚目写真はホールでの式が終わったのを見計らって、いなほ組の年長がホールにいる新入園児を、お部屋に案内するために迎えにきたところです。

 

 

 

5枚目のこの写真は、さくら組の年長がホールにお迎えにきたところです。さくら組は2階のお部屋なので、階段にならんで大きい声でお迎えの言葉を言っていました。

 

 

 

 

明日から全学年そろっての保育が始まります。分散、時短等でまだまだ 今まで通りの生活とはいきませんが、園庭に子どもの姿があり、楽しそうな笑い声が響いている・・・とても幸せな光景だなとしみじみと感じます。

7月のたんぽぽのへや(1歳児の親子の集まり)

7月11日(木)、1学期最後のたんぽぽのへやがあります。27日から受付がはじまりました。葛飾区外にお住まいの方は7月4日からになります。お申し込みの上、遊びにいらして下さいね。 (たんぽぽのへや 詳しくはこちら )

6月のたんぽぽのへやは、お天気が良かったのでお部屋の前にたらいを用意してみました。興味を持った子は、たらいの前に座り込みます。容器を使って、たらいの水を出したり入れたり、おもちゃの金魚をすくったり、しまいには自分で入ってみたりと、遊びがどんどんかわっていきます。その様子は見ていて本当にあきません。着替えてさっぱりしてからはお部屋でおやつの時間です。持参したおにぎり、果物などでお腹を満たします。

7月もお天気が良さそうなら、水遊びができるような環境を用意したいと思っています。もちろん、水遊びはやらない!もありですよ。園庭、砂場、お部屋など、お子さんの興味のある場所で遊んでください。お着替えは少し多めが安心です。用意が十分であれば、子どもの興味が水でも泥でも砂でも「それはダメ、やらないでー」と言わないですみますからね。

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで輪になっておしまいです

新しいいのち

 

幼稚園のチャボがあたためていたたまごから、ひよこが孵化しました。左側のひよこは、背中側が黒でお腹側が白です。右側のひよこは羽先が少しだけ黒いですが、全身黄色です。にわとり小屋に入って、静かにじーっとしていると、かわいい姿をみせてくれます。

田んぼ

いよいよ5月6日から田植えが始まります。園庭のビニールハウスで育てた種籾もすっかり大きくなり、流山の田んぼへ移動し、みんなが来るのを待っています。

田んぼカフェを通して 稲刈り後、冬、そして春 と作業を手伝ってくれたみなさん、本当にありがとうございます。今年もまた無事に田植えができそうです。

4月末の流山のたんぼはたんぽぽがたくさん咲いていました。