「たんぽぽのへや」ってどんなところ?

「たんぽぽのへや」は、初めてのお子さんが1歳児になった親子の集まりです。

親子で安心して過ごし、ほっとできる時間を過ごしていただきたいと思っています。

1歳児・・・とてもかわいい時期だけど、まだまだ目が離せなくて大変な時。いつもニコニコの母でいたいけど、万年寝不足、ついつい怒りすぎてしまったり、どう関わっていいのか分からない。そんな時は、ぜひお子さんと一緒に「たんぽぽのへや」に遊びにきてくださいね。

お部屋で遊ぶもよし、園庭で遊ぶもよし! お子さんの気持ちに添いながら、ゆっくりと時間を過ごしてほしいなと思っています。おいしいハーブティを用意してお待ちしています。

 

 

たんぽぽのへやへようこそ

 

猫の「いねさん」もみなさんの参加をお待ちしています。

家族の田植え

10連休最終日の5月6日、卒業生、在園生の有志家族が流山の田んぼに集まりました。
孝順先生のお話を聞いた後、4つのグループにわかれて田植えが始まりました。
一列に並んで、声をあわせながら丁寧に植えていきます。

田植えをしていないスペースで本気の泥遊び(子どもだけでなく大人も!!)がはじまるのも 東江ならではの光景です。

お弁当の後は、田んぼの周りにいる虫や花の観察会を行いました。

明日から田んぼ遠足が始まります。1クラスずつバスで田んぼにきて田植えを行う予定です。お天気に恵まれますように。

今回、参加して下さったみなさん、ありがとうございました。

 

新しいいのち

 

幼稚園のチャボがあたためていたたまごから、ひよこが孵化しました。左側のひよこは、背中側が黒でお腹側が白です。右側のひよこは羽先が少しだけ黒いですが、全身黄色です。にわとり小屋に入って、静かにじーっとしていると、かわいい姿をみせてくれます。

田んぼ

いよいよ5月6日から田植えが始まります。園庭のビニールハウスで育てた種籾もすっかり大きくなり、流山の田んぼへ移動し、みんなが来るのを待っています。

田んぼカフェを通して 稲刈り後、冬、そして春 と作業を手伝ってくれたみなさん、本当にありがとうございます。今年もまた無事に田植えができそうです。

4月末の流山のたんぼはたんぽぽがたくさん咲いていました。

保育

入園式から4日たった(4月15日の)園庭です。八重桜が咲き始めました。東江幼稚園では「生活2人組」 通称 「ペア」 となる子がいます。年長と年少で生活2人組(3人組)を作ります。年中は同じ年中とペアを組むことが多いです。その年の人数等で、この限りではありませんが・・・・。園庭をよく見ていると、年長が自分のペアとなった年少を気にかけていることが多いです。

お母さんとの別れが悲しく、部屋の前で泣いている年少を、ペアの年長がふわっと包み、背中をトントンとしてあげている姿があったり、縦割り保育ならではの関わりが見られます。

クラスが違ったり、ペアでなくても、年少に優しく関わっていく年長の姿は本当に頼もしいですね。