母たちの掌(たなごころ)展

12月4日~7日まで園舎の2階ギャラリーで「母たちの掌(たなごころ)展」がありました。
サークルでお母さん達が製作した木工、陶芸、人形、染め物、編み物などたくさんの作品が展示されました。手作りの作品でいっぱいのギャラリーには、「手しごとって素敵だな」「とってもあたたかいな」って思わせる空気が充満していました。

編み物やウォルドルフ人形など

陶芸作品

木工作品

餅つき会&おやじ組 すす払い

1日の土曜日は、午前中に餅つき会がありました。
餅つきに使ったもち米は、流山の田んぼでみんなが育てたものです。
子ども達は一人ずつ 餅つきをしました。しっかりと杵を握り、自分の名前を一文字ずつ 
声に出しながら、ゆっくりと・・・そして力強く ついていました。
かまどや薪割り、餅つきを手伝ってくださったお父さん、手がえしやちぎり餅、丸餅作りに協力して下さったお母さんたちありがとうございました。
午後は、おやじ組のお父さん達が園舎の高い所のすす払い、窓ふき、すのこの下の掃除をしてくれました。
子ども達では手の届かない所を、手際よくきれいにしてくれました。
月曜日に登園してきて、担任から お父さんたちがきれいにしてくれたことを聞いた子ども達。
その内の何人かが、「うちのパパがやってくれたんだよ~」と すかさず声をあげていました。
その声、顔はとても誇らしげだったのが印象的でした。
子ども達にとって、お父さんやお母さんが幼稚園で協力する姿は、直接その姿が見えても見えなくても、とっても嬉しいものであることがよく伝わってきました。

「特製ロングはたき」で天井のすす払い

すのこの下を大掃除→