学年父母の会

日記の更新が久しぶりになってしまいました。お彼岸もお中日を過ぎ、やっと秋らしい季節になってきました。
園庭には、相変わらず元気に遊ぶ子ども達の姿があります。
夏にはプールがあった場所には、はざがけされた稲達がお日様の光をたっぷりあびて、脱穀の時期を待っています。
お日様パワーできっとさらに美味しいお米になっていると思います。

今日は幼稚園では、各学年毎の父母の会が行われました。
東江は縦割り保育なので、父母の会はクラス毎に行うのが通例ですが、ときおり学年ごとの会も行われます。
クラスだけでなく、横(同じ学年)のつながりもこうやって深めていきます。
年長は筑波山行きのこと、年中はお泊まり保育、年少は初めての運動会のことをメインに話があったと思います。
行事は、日々の保育でつけた力が生かされる場でもあり、子ども達にとってワクワクドキドキの体験になります。
当日だけが大事なのではありません。「あと何回寝たら筑波山!」 とか 「お母さん、持ち物はね、これとね、あれとね、・・・」
そんな子ども達の言葉が出てきてから、親子でじっくり準備にとりかかってほしいなと思っています。